↓ ↓ インクリアを購入する ↓ ↓

おりものとは?

デリケートゾーン

おりものとは子宮や膣から出る酸性の分泌物のことです。

 

粘性のある液体で粘膜を守ったり、汚れを排出したり、細菌などが子宮内に侵入するのを防ぐ役割があります。

 

女性のカラダを守る大切なものなのです。

 

しかし、多くの女性が健康な状態であってもおりものに対して不快感を感じています。

 

おりものは排卵期に一番多く分泌されます。

 

正常なおりものとは?

 

正常なおりものはコレ!

 

という明確な基準はありません。

 

個人差も大きく、誰でも、出て当たり前ですし生理周期や年齢で量は変わってきます。

 

女性ホルモンがしっかり分泌されていればおりものも多くなり下着が濡れてしまうほど分泌される人もいます。

 

色については白からクリーム色、ニオイは少し酸味を感じる匂いでゆるめのヨーグルトのような状態が正常な状態です。

 

膣内は酸性に保たれていて、他の細菌が繁殖しづらい環境になっているのです。

 

排卵日には少し水っぽくなり、量が増えます。

 

おりものの匂いが臭くなる原因は?

生理のある女性なら誰でも多かれ少なかれ分泌されてしまうおりもの!

 

たとえ健康な状態であっても多くの女性がおりものに対して不快感を感じています。

 

そして、これが臭くてもしかして他人にニオイを気づかれてしまうのではないか?

 

とか、男性との関係にえいきょうするのではないか?と考え出すと不安で仕方なくなってしまいます。

 

そんなデリケートな部分でもある、おりものの匂いが臭くなる原因はいったい何なのでしょうか?

 

日常生活の乱れが原因で臭くなる

睡眠不足・ストレス・疲れなどが原因でおりものや膣内部が臭くなってしまいます。

 

疲れや日常生活でのストレスが溜まったり、睡眠不足の状態が続いたりすると、膣の常在菌の自浄作用が弱まり、細菌性腟炎やカンジダ腟炎を引き起こすきっかけになることがあります。

 

 

間違ったお手入れで臭くなる

膣の洗いすぎ
ニオイやおりものが気になるからといって腟内の過剰な洗浄によって常在菌が洗い流され、自浄作用が低下して、細菌性腟炎やカンジダ腟炎を引き起こし、逆に臭いやおりものが多くなったりしてしまいます。

 

汚れや臭いが気になるからと言って、過剰な洗浄は逆効果なのです!

 

入浴時にぬるめのお湯や水で優しく流す程度で十分です。

 

石鹸を使う場合でもデリケートゾーン専用のものやビデなども使う頻度を考えながらしようしましょう。

 

 

外陰部のムレで臭くなる

デリケートゾーンは下着やパンスト、生理用ナプキンなどでムレやすい環境にあります。

 

外陰部のムレは腟内細菌やカンジダが異常増殖する原因となります。

 

 

おりものの色が気になる!?

おりものはどんな色が正常なのでしょうか?

 

もちろん個人差もありますが、普通ですと透明に近い乳白色です。

 

クリーム色の人もいます。

 

また、最初は乳白色やクリーム色をしていたおりものも下着やおりものシートに付いて時間が経って乾いてくると黄色に変色してきます。

 

おりものの色を確認するときはトイレなどで、陰部をトイレットペーパーで拭いたときに直接確認しましょう。

 

おりものの色や臭いと病気の関係

 

おりものの色 臭いや痒みなどの症状 疑いのある病気
粘りのある白、酒粕やカッテージチーズ状のボロボロしたおりもの 膣や外陰部の痒み、ヒリヒリ。排尿時や性交時に痛みを感じる。臭いはあまり無い。 カンジタ膣炎
黄色または黄緑で小さな泡が混じるおりもの 膣や外陰部の痒み、ただれ、強い悪臭 トリコモナス膣炎
黄緑で膿のように粘りが強い 臭いが強く、おりものの量も増える クラミジア感染症、単純性膣炎
茶褐色、赤っぽい 悪臭をともなう 子宮頸がん、子宮体がんなどの恐れ

 

もし、おりものが黄緑や茶色など明らかに色が付いていて臭いがきつかったりする場合は子宮や腟の病気、性感染症(STD)などの心配があります。

 

早めに産婦人科で診察に行くか、性病検査キットなどで調べてみることをお勧めします。

 

おりものの臭い対策!

おりものの臭い対策としてできることとは!

 

洗いすぎない

入浴やシャワー時にデリケートゾーン、特に膣内を洗いすぎないことです。

 

石鹸などを使って内部までゴシゴシ洗ってしまっては、逆に雑菌から守る酸性成分を失い、おりものを増やしたり臭いが強くなる原因になったりします。

日ごろからチェックする

日ごろからトイレなどで用を足したときトイレットペーパーでデリケートゾーンを拭いたときにおりものに変化や異常がないかを確認しておきましょう。
自分の周期による「おりものパターン」を知ることが大切です。

 

おりものシート使う

おりものシートなどを使い下着に付着することを防ぎこまめに取り替えることで臭いを抑えることができます。

 

そして日ごろからデリケートゾーンのムレを防ぎ、いつもサラサラと清潔に保つといった基本的な対処が大切なことです。

 

 

まとめ

おりものは正常でも少し、酸味のあるスッパイ匂いがします。

 

しかし、感じ方は人ぞれぞれ個人差や体質もあり「お酢を薄めたような匂い」と感じる人もいますし、ヨーグルト、あるいは「チーズのような少し強い匂いを臭い」と感じる人もいます。

 

また、おりものは排出されて時間が経つとニオイも変化し、外陰部に長時間とどまっている「おりもの」は、細菌の影響で臭くなることも多いです。

 

例えはおかしいかもしれませんが、生物などと同じで、生鮮食品が古くなると臭くなるのと同じです。

 

外陰部をぬるめのお湯や水で優しく流してあげることも大切です。

 

この酸性に保たれているバランスが崩れてアルカリ性に傾いてくると細菌が繁殖しやすくなり、おりものの匂いが臭くなってきてしまいます。

 

どうしても臭いやおりものの量が気になる場合にはデリケートゾーン専用のジェル

 

インクリアがお勧めです!

 

インクリアは膣の自浄作用を促す専用の洗浄器(ジェル)で多くの女性が使用しています。

 

 

 

そして大事なのはいつもと違うおりものが出てきたときです。

 

いつもと色が違ったり、明らかに匂いが臭い、おかしいと感じた場合は心当たりのある・ないは別にして産婦人科などで相談、診察を受けてみることをお勧めします。

 

また、どうしても恥ずかしいとか、わざわざ病院まで行くのが面倒だし!?

 

とか思う人は、自宅で簡単に性病チェックができる検査キットがあるので試してみてはいかがでしょうか?